動画コラム

企業がYouTubeチャンネルを作るべき理由

 

Youtube

最近、YouTubeにチャンネルを開設する会社が増えてきました。

動画というツールは企業の魅力をアピールするにはいいコンテンツです。

しかし実際は、

「うまく活用できるか不安」

「動画を作るのに費用が結構掛かるのでは」

というような理由で、最初の一歩を踏み出すことができない方も多いです。

そこで今回は、企業チャンネルを作るメリットを紹介したいと思います。

幅広い年代が利用し検索流入も期待できる

YouTubeは10代や20代の若年層を中心に、60代から70代の高年層の方も利用しています。

さらにYouTubeは約80の言語に対応しており、ユーザー数10憶人以上という世界で一番見られている動画共有サービスです。

このことからYouTubeを活用すれば、幅広い年代や世界の人達にも企業の宣伝ができるメリットがあることがわかります。

そのうえ動画コンテンツは残り続けるので投稿すればするだけ資産になるのです。

またYouTubeから商品名を検索されるなど、YouTubeでの検索流入も狙えます。

情報量を増やせるので伝わりやすい

動画が効果的とされる理由は世代や市場の広さだけではありません。

動画は文字だけでなく「動き」や「音声」で視聴に訴えることができます。そして文字や画像だけのものより、視聴者に伝えられる情報量が多くなるのです。

文字だけではイメージしにくい、画像でも分かりにくいサービスでも、動画で実際に利用している姿を見せれば圧倒的に伝わる情報量は増えます。

従来のメディアに比べ低コストで運用できる

企業にとって費用対効果は重要なファクターです。

広告を利用する場合はイメージ戦略など数字で測りにくい効果もありますが、あまりに高コストな手法は望ましいものではありません。

動画を制作するのは必ずしも無料ではありませんが、アイデア次第で低予算で制作することもできます。

YouTubeに動画を投稿するのはもちろん無料ですし、仮にYouTube内で表示される広告へ出稿したとしても、テレビや新聞などの広告と比べるとはるかに低コストです。

 

以上、企業がYouTubeチャンネルを作るべき理由を挙げてみました。

YouTubeチャンネルを作ってみたい方、動画を撮りたいと思っている方がいましたら、

一度、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせはこちら